沖縄県について

沖縄県(おきなわけん)は、日本の南西部、かつ最西端に位置する都道府県である。県庁所在地は那覇市。

気候は八重山列島・多良間島・沖大東島では最寒月平均気温が18℃以上の熱帯に属し、それ以外の地域でも亜熱帯に属する。

歴史的には、明治時代の琉球処分まで、日清両属の琉球王国であった。その為、他の都道府県とは異なる文化・習俗が根付いて

おり、これらを生かした観光産業が盛んである。また、国内有数の長寿地域としても知られ、その食生活等が注目を浴びている



太平洋戦争では地上戦が行われ(沖縄戦)、その結果1972年までアメリカ軍の施政権下に置かれた。現在でも多くの米軍基地が

存在しており、重要な政治問題となっている。

1879年(明治12年)3月、琉球処分により沖縄県が設置された。
1945年(昭和20年)アメリカの統治下に入る。
1972年(昭和47年)5月15日、日本に復帰した。27年間、アメリカの統治下にあった。
posted by 社会人 at 00:00 | Comment(29) | TrackBack(1) | 沖縄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。